人気の不動産投資の魅力について知ろう|成功させるためのポイント術

住宅

将来価値の残る投資

一軒家

サラリーマンでも可能

不動産投資は、かつてはマンションやアパートの一棟を購入しそれを運用するのが一般的でした。しかし最近では、マンションの一室を購入しそれを賃貸経営するのが一般的です。マンションの一室であれば、サラリーマンでも十分に購入できる金額です。そのため専業のオーナーでなくても十分に副業として不動産投資が行えるのです。投資対象のマンションはファミリー向けではなく、単身者向けになるため、マンションの価格も比較的安くなります。そのためある程度の年数が経過したのちに追加購入も行うことができるのです。最終的にマンション物件として資産が残ることも魅力です。ローンを支払い終われば、家賃収入と物件の価値が残るため、将来的に魅力のある投資方法です。

長期間の視点で物件探し

不動産投資の場合、物件探しが重要です。物件を賃貸として提供し、家賃を収入源とするため、空室など家賃が入らない状態を最低限にしなければなりません。できる限り借主に魅力的である物件を探すことが重要です。駅から近く、商業施設など生活環境に優れた場所は常に魅力的であることから空室のリスクが少なくなります。また不動産投資は数年行って終了するのもではありません。最低限ローンの支払いが完了する十数年から数十年は同じ物件を賃貸経営する必要があります。そのため、今後数十年の見通しも考慮したうえでの運用も検討しなければなりません。物件の築年数が経過したときでも魅力的である立地条件も考慮しておくことが空室を発生させない運用方法です。